食事と運動が重要ポイント

男性

痛風の病を患っている方は、肥満、そして高脂血症、あるいは高血圧症等を合併することが よくありそれらのいずれも 食事内容との関係性が取り沙汰される病気です。食事内容においては、予防のために 暴飲暴食を避け、バランスのよい食事を食べることを意識し運動も併せて行うことが大切です。

詳細を確認する...

今後の動向や特徴

料理

痛風発作の痛みは経験した人でないとわからないと言われています。また痛風は血液中の尿酸値が高くなることで起こりやすいとも言われています。痛風患者は特に男性が多く、有病率は1%を超えているといったデータもあります。また原因となる高尿酸血症も、30歳以上の男性の約3割で指摘されているといったデータもあります。特に高尿酸血症の患者は今後も増加傾向であると予測されています。一方で女性では高尿酸血症を指摘される人は、男性に比べると少ないですがこれは女性ホルモンが関係しているとも言われています。そのため閉経後には尿酸値が高くなる可能性もあるため注意することが必要です。そして尿酸値を高くしないためにも、今後は食事に注意することを広く認知させる必要があります。

痛風発作の特徴としては、血液中の尿酸値が高いといった特徴があります。また症状としては、足の親指の付け根に激痛が走り、関節の1カ所が腫れるといったことが挙げられます。発作が起きてから24時間が痛みのピークですが、3日から7日経過すると嘘のように痛みが引くといった特徴があります。しかし尿酸値が高いままだと、痛風発作が再発する可能性は高いままです。しかも発作を繰り返すと発作の間隔が短くなるとも言われているので注意が必要です。痛風発作を抑えるには、血液中の尿酸値を下げる必要があります。まずは食事に注意しましょう。食事の量を減らして腹八分目を心がけましょう。また肉や魚を減らして、野菜や海藻類を多めにとるなどバランスの良い食事を心がけることも重要です。

関節が痛いと感じたら

サプリメント

年と共に軟骨がすり減っていくことで起こるのが関節痛です。最近ではその軟骨を補うためのサプリメントが数多く販売されています。グルコサミンやコンドロイチンなど配合されている成分はそれぞれ違います。色々なサイトから情報を得て、自分に合った商品を見つけましょう。

詳細を確認する...

なかなか取れない疲れ

夫婦

1日2日の休息ではとることができな疲労を慢性疲労といい、さらに6か月以上続くようなものを慢性疲労症候群といいます。慢性疲労症候群は専門の医療機関で適切な治療を受ける必要がありますが、それよりも短い疲労の場合には手軽にとることができる水素やマカなどのサプリメントが人気です。

詳細を確認する...